葉酸のサプリメントが大事な理由

葉酸は、日々の食事で意識したり。サプリを活用して、
必要な摂取量をしっかり摂りたい栄養成分です。

 

体に必要な葉酸が足りなかったり、
多すぎた場合は何が起きるでしょう。

 

未熟児や奇形児のリスクは、
妊娠したばかりの頃の葉酸不足と関係があるようです。

 

妊娠したばかりの頃に葉酸が十分でないと、
神経管閉鎖障害である二分脊椎症などが発症しやすくなるといいます。

 

新たな細胞を作る機能も、葉酸不足の影響を受けます。

 

結果として、未熟児で生まれたり、
誕生後も不足することで成長が遅れたりすることもあるようです。

 

葉酸を効率的に摂取することで、
産まれてくる子どもの成長を助けていきましょう。

 

厚生労働省は、妊婦の葉酸摂取について、
できる限り行っていくことが子供の成長に良いという指導を行っています。

 

葉酸は、妊娠中の女性だけでなく
妊娠の予定がある女性にとっても重要なものです。

 

体内の葉酸は、経口避妊薬やアルコールを摂取した時にも使われていきます。

 

可能であれば妊娠する前から葉酸を十分に摂取し、
妊娠初期の段階では体内の葉酸量を万全な状態にしておけたら理想的です。

 

貧血の原因として、葉酸が欠乏している可能性がある場合があります。

 

葉酸不足による貧血は、鉄分補給で改善することは不可能です。
なぜ貧血になるかを調べ、
葉酸が関係している時はサプリを使ってみてはどうでしょう。

妊娠と葉酸

妊娠初期・妊娠中
DATE: 06/21/2012 19:23:02
-----
BODY:
将来的な妊娠を考えている人や、妊娠をした人には、葉酸の摂取がおすすめです。
葉酸はほうれん草から抽出された水溶性ビタミンB群の一種で、
ほうれん草の他にレバーなどにも多く含まれている栄養素。

 

妊娠した人などが、葉酸のサプリを積極的に使っています。

 

妊娠前や妊娠中に、葉酸を摂取することが推奨されている理由は、
妊娠初期に葉酸が不足すると、
生まれてくる子供が神経性の障害を持つ
リスクが高まる可能性があるとされているからです。

 

妊娠前から葉酸を補給することは、
海外では前々から言われていたことだったようです。

 

日本の女性の場合は、妊娠時の葉酸の必要性の認知度は、
大変低いものとされていました。

 

母子手帳に10年前から葉酸が勧められるようになったこともあり、
最近では日本でも葉酸が妊娠中に大事であることは知識として浸透しつつあります。

 

ここ数年は葉酸サプリの商品数も増え、
色々なメーカーが独自の葉酸サプリを売っています。
可能であれば、妊娠する前から葉酸をしっかり確保しておくことが、
胎児の成長には効果的であるとされています。

 

可能であれば、妊娠する1カ月前から母胎の葉酸は多い状態でいたいものです。

 

妊娠した時には既に、十分な葉酸がある状態にしておくためです。
葉酸のサプリは美容系やダイエット系のサプリメントと比べて、
比較的低価格で販売されており、
通信販売やスーパーマーケットなどで購入することが出来ます。

 

妊娠中だけでなく、
貧血気味の女性にも人気がある葉酸サプリを利用してみては如何でしょうか。

妊娠中に必要な栄養成分とサプリ

 

妊娠したら確実に摂取しておきたい栄養素としては、
ミネラルやカルシウム、葉酸など色々な種類があります。

 

不足しがちな栄養素を摂取するだけでなく、
塩分の過剰摂取にも気をつけると共に、
体重が増えすぎないようにしてください。

 

食事がままならない妊娠中には、
効率よく栄養成分を摂取できるサプリメントの利用がおすすめです。

 

食事は低カロリーで野菜を多く摂取すること、
毎日体を動かす習慣をつけることで、
妊娠中毒症を未然に防ぎ安産を目指すことができます。

 

カルシウムや鉄分、葉酸は毎日の食卓から補うことが望ましいですが、
1つ1つの栄養素に心を配り、
食材に含まれる栄養素の量を全て網羅することは不可能ともいえるでしょう。

 

食事からの栄養摂取に行き届かない面がある場合は、
サプリを活用することが賢い方法です。

 

妊娠中に摂取するサプリを選ぶポイントは、
原材料をチェックして天然素材のものを選ぶこと、
そしてサプリの利用は必要最低限に留めることです。

 

鉄分の吸収をサポートする作用がある葉酸は、
食材だけでなくサプリからの摂取もおすすめです。
その日の栄養摂取をコントロールすることもサプリならば手軽にできるので、
使ってみてください。

 

体調の変化だけでなく、メンタル面でも不安定になりやすい妊娠中の生活は、
ストレスも多くなり、食事をするだけでも大変です。
サプリで随時必要な栄養を補給することによって、
妊娠中の不安定な体調や栄養摂取をきちんと行うことができます。

葉酸サプリの選び方

葉酸は、サプリで補ってでも摂取したほうがいい栄養素のひとつです。
実は葉酸サプリの危険性が最近言われるようになってきました。
どのような部分が危険だというのでしょうか。

 

いろいろと葉酸の危険性には説があるといいます。
オーストラリアの大学での研究により発見されたことがあるのですが、
30%生まれた子どもの喘息リスクが上昇する場合が、
妊娠後期に葉酸サプリを摂取することで、あるという説です。

 

さらに添加物がサプリメントに含まれている場合もあり、
その危険性が指摘されているようです。

 

葉酸サプリに含まれているショ糖脂肪酸エステルは、
染色体異常を引き起こす可能性が指摘されています。
ショ糖脂肪酸エステルは歴史のある食品添加物です。
それほど気にすることはないのは、
他の多くの食品にも使用されているからです。

 

場合によっては、葉酸サプリにショ糖脂肪酸エステルの変わりに
グリセリン脂肪酸エステルが添加されているようです。

 

添加物の中でもグリセリン脂肪酸エステルが、
発がん性が指摘されているそうです。
肝臓肥大などが、ラットの実験では発がん性以外にも分かっています。

 

葉酸サプリの選び方のポイントは
添加物にしっかり目を通すことをおすすめします。

 

葉酸サプリを摂取するときの注意点

葉酸サプリによる補給が推奨される背景には、
光・水・熱に葉酸が弱いことがあげられます。

 

下ごしらえのために野菜を洗って水にさらすと、
その野菜がたっぷり葉酸を含んでいても、
9割が水に溶け出てなくなってしまいます。

 

そして、食事として摂取しても、
腸に吸収されるのはその半分まで減ってしまいます。

 

その点、葉酸サプリで摂取すれば、調理段階で失われるリスクもありません。

 

また、腸に吸収されやすく小さな粒状になっているため、
吸収効率は高いといいます。
不足しやすい栄養素なので、
サプリを利用して摂ると十分に摂ることができるのです。

 

簡単に飲めるからといって、必要以上の摂取してはいけません。
葉酸は過剰に飲んでも尿から排出されるだけなので、
危険は少ないとされています。

 

これまで、葉酸の過剰摂取の弊害は確認されてはいないようです。

 

ただし、だからといってどれだけ飲んでもいいという話ではありません。

 

体内に必要以上の葉酸があるせいで
ビタミンB12が足りないことに気づけなかったり、
人体に亜鉛が吸収しにくくなるようです。

 

葉酸の過剰摂取は間接的なトラブルの原因にもなりますので、

 

葉酸サプリを扱う時には摂取量にくれぐれも気をつけてください。

葉酸が人気になっている理由

腹に赤ちゃんがいる女性が
葉酸を摂取するためにサプリを使っているといわれています。
赤ちゃんの健康に欠かせないと言われていますが、
妊娠前からの摂取も大切だと言われている栄養成分です。

 

葉酸は女性や赤ちゃんの健康に欠かせない栄養素なのです。
多くの人が葉酸サプリを熱心に使っているのも無理からぬことです。
水溶性ビタミンに分類される栄養素で、
プテロイルグルタミン酸とも呼ばれます。

 

葉酸は字からも分かるように、
色の濃い緑黄色野菜に多く含まれています。

 

緑黄色野菜だけでなく、レバーや豆類、胚芽、酵母といった
ありふれた食材にもたくさん含まれています。

 

毎日の食事をきちんと摂っていれば、
サプリメントを利用しなくても、
葉酸は著しく不足することはないと考えられます。

 

ただし、葉酸は水溶性で光や熱、
そして加熱されると壊れてしまうものです。
十分に含まれた食事を意識して摂っているつもりでも、
気付かないうちに不足してしまうことが多いと言われています。

 

葉酸は、新規の細胞が増えていくために鍵となる栄養素といえます。

 

日頃の食生活も重要ですが、
妊娠初期のの頃は特に葉酸サプリを有効活用をして、
体に必要な摂取量を補給することも必要かもしれませんね。