ペプチドの効果とコラーゲン

皆さんはコラーゲンとペプチドの関係についてどれくらいご存知でしょうか?
まずペプチドとは一体どういうものかを説明します。
ペプチドとはタンパク質は体内でアミノ酸になるのですが、アミノ酸になる直前の状態の代謝物質をペプチドといいます。

 

ペプチドは体内に非常に吸収されやすい特徴を持ちます。
コラーゲンはそれだけでは体内で吸収され易いとはいえないのですが、コラーゲンが様々な酵素によって分解されるときコラーゲンもペプチドになるのです。
ということでコラーゲンとペプチドの関係は非常に深いのです。

 

ペプチドとなったコラーゲンの働きとしては、新陳代謝の活性化や肌の潤いや弾力を活性化させるなどコラーゲンの働きをより効果的にしてくれます。
これらの働きから健康食品に使われることが多いのですが、最近では化粧品に利用されることも多くなっています。
またコラーゲンはプルプルしてる印象ですが、コラーゲンペプチドはプルプルしていないのが特徴となっています。

ペプチドの効果とサプリメント記事一覧